月額課金で借りる月額課金で借りる

旧作

都度課金で借りる都度課金で借りる

関連動画(YouTube)

全体の平均評価点(5点満点)

累計評価件数

ユーザーレビュー:22件

カオス

  • 製作年:2000年
  • 製作国:日本
  • DVD
  • 動画配信
  • マルチ

とある高級レストラン。実業家の小宮山とその妻・佐織里が二人で食事をしていた。しかしふとした隙に、佐織里は突然姿を消す。そして誘拐犯から身代金を要求する電話がかかってくる。しかし、これは夫の自分への愛情を確かめたいがために、佐織里が便利屋の黒田を使って仕組んだ狂言誘拐だった。そして佐緒里と便利屋の関係も徐々に妖しくねじれていく……。『リング』の中田秀夫監督、中谷美紀コンビに『CURE』の萩原聖人を加えて描いたサイコ・サスペンス。

ジャンル:
邦画 > ドラマ
監督:
中田秀夫
製作:
神野智原公男
脚本:
斉藤久志斎藤久志
原作:
歌野晶午歌野晶午
撮影:
喜久村徳章
音楽:
川井憲次
出演:
中谷美紀萩原聖人光石研國村隼菜木のり子夏生ゆうな田中哲司
  • DVD
  • 動画配信
  • DVD
  • 動画配信
  • DVD
  • 動画配信

カオスの詳細情報  旧作

収録時間: 104分
字幕: 英語
音声: 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング:
記番: THD16301
レンタル開始日: 2002年10月01日
在庫枚数: 18枚
1位登録者: 0人
2位登録者: 0人

カオスの詳細情報  準新作

再生可能機器: TV対応 PC対応 スマホ対応  マルチスクリーン対応
再生時間: 01:43:52
画角: 16:9
字幕:
音声: 日本語(ステレオ)
レイティング: 全年齢対象
価格: 税抜300円(税込324円)
視聴期限: 初回再生から48時間
購入期限: 2015年05月12日 22:16

関連作品

白洲次郎 真夏の方程式 炎(ひ)と氷 ガンジス河でバタフライ ディレクターズカット版
白洲次郎 真夏の方程式 炎(ひ)と氷 ガンジス河でバタフライ ディレクターズカット版

ユーザーレビュー:22件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

並び順:
掲載日順
気に入った投票数順

1〜 5件 / 全22件

冷たい熱帯魚

掲載日:2011/12/20

レビュアー:AVANZSUR

イントロのサイコサスペンスってキーワードがある意味誤解を生むんですよね。
本作、中谷美紀の魅力満開で彼女の薄氷を踏むような綱渡り的な心理がシンメトリーのように揺れ動き、結局最後に2人の男性のどっち側に傾くのかを楽しむ映画なんですよね。
彼女の心理状態がタイトルの意味なんでしょう。

ブルーの採光にうっすら浮かぶ水槽の中の熱帯魚が映りますが、水槽の中に閉じ込められた熱帯魚と、モデルとしてもその体型から中途半端な仕事しか与えられず、会社を経営する男性の愛人としてのポジションしか得られない”閉じ込められた”彼女と静かにリンクします。

10年ほど前の作品ですが、中谷美紀がこんなに美しくて淫靡さも兼ね備えた魅力的な女優さんだったことに先ず驚きます。
他の方ご指摘の通り、縛られる姿、ルージュを塗られる際の恍惚とした表情、一縷の涙を流しながら耐え忍ぶ際の表情、とまぁエロティズムも半端ありません。
逆に云えばこれだけ女優さんを魅力的に撮れる中田秀夫の映像作家としての才能を再認識させられます。
思い起こせば『女優霊』でも白島靖代を清楚で美しい女優さんとして鮮やかに撮ってましたよね。
いやはや、あっぱれです♪

本作の位置付けとしては監督曰く『撮影所だけで撮っていた風が吹かない映画から初めて風通しの良い作品となった』とのことで、ほぼ全編ロケです。
日活の叩き上げ監督ですから撮影所を舞台にした『女優霊』なんかはお手の物だったんでしょうが、ホームグランドを初めて離れてのある意味挑戦的な作品となったんでしょう。
また『リング』の成功を受けての作品となるため、かなり力が入っていたのも作品の画の端々から感じ取れます。

最近不振説が実しやかに流布する監督の最新のJホラーを是非観たい!!!って思わせるなかなか面白い作品ですから、勿論おススメです。

このレビューは気に入りましたか?

15人の会員が気に入ったと投票しています

本当のタイトルは「中谷美紀の口紅を塗る」です

掲載日:2005/05/06

レビュアー:number 6

カオスっていうと、とんでもない大混乱とか
普通の理論では説明つかないみたいな現象を想像しますけど
ごく普通のサスペンスです。
全員の行動がほぼ説明ついちゃいます。

主人公の女の子は確かにちょっとエキセントリックなところはありますが、
映画の世界ではごく普通なレベルです。
これを「カオス」って言っちゃうのは言葉の感覚がおかしい。

退屈な展開になったところで物語の転換があるので
楽しく最後まで見れてしまいます。
シナリオは問題ないレベル。

むしろこの映画の本当の目的は中谷美紀をいかに美しく描くか
ってところにあります。
エロっぽいシーンが随所にちりばめられてます。
ちりばめすぎてエロ装置としてはもうひとつ有効に機能していないのが残念ですね。もっとエロっぽくない部分を前面に出しておかないと当該シーンのインパクトが落ちると思います。
そういう意味でバランスがいまひとつ。
撮影とか編集の期間が短いのかもしれません。
口紅を塗ってあげるシーンとかはいいですね。

フィルムが汚いのはなんとかしてほしいですね。
こんなに荒くて暗いフィルムをそのままにしておくのは疑問。
1970年代の機材をそのまま使ってるんじゃないか。
画面をみるととても最近の映画と思えないよ。
メイキングみるとわかるけどスタッフ多すぎです。
このような登場人物の少ない、特殊効果の必要のない映画にそんなにスタッフいらないです。
野外のシーンなんかは(たぶん手持ちの安いビデオカメラで撮影している)メイキングの画像のほうが美しい。
スタッフの人数を数人減らして、いい機材を揃えましょう。

あ、あとは登場人物の性格付けがうまくいってるために
ラストの意味がなくなっています。
全部説明ついてるんだからあえて理不尽な行動をラストシーンに入れることはないんですよ。
変なこだわりがあるのかもしれないけど、構成的に無理なことはやめましょう。

このレビューは気に入りましたか?

6人の会員が気に入ったと投票しています

B お そう来たか! 

掲載日:2012/02/10

レビュアー:かづしげ

 メインの三人はみな好かったが、ヒロインを演じた中谷美紀が特に素晴らしい! 女のずるさと情念と神秘性を表現した。
 あれは犯罪で使えそうなトリックだなと感心した。あの時の萩原の表情変化も好かった。
 ラストシーンには多少疑問があるが、人生を女優として完結したということかな。


※レーティングは、A+,A,A->B+,B,B->C+,C,C- の9段階。

このレビューは気に入りましたか?

5人の会員が気に入ったと投票しています

官能的な不安感

掲載日:2004/04/17

レビュアー:フミヤ

二転三転するストーリーも面白いですが、この映画に漂う不安感は中谷美紀が発散する妖しい雰囲気に負うところが大きいと思います。直接的なラブシーンではなく、二人の間で行われる色んなしぐさ、ロープでしばる、口紅を塗ってやる、息を切らせて追いかける、水にぬれる、などなどあらゆるシーンに官能的な不安感が漂っています。彼女の魅力を受身で引き立てる萩原聖人もいいです。中田監督は女優の魅力を引き出すのが本当にうまいですね。

このレビューは気に入りましたか?

4人の会員が気に入ったと投票しています

可。

掲載日:2005/02/26

レビュアー:MOON

どこがという心算はありませんが、局所的に妙に眠くなった作品です。
時間を交錯しないでストレートに作った方が良かったのではないでしょうか?
ラストシーンは、はっきり言って興ざめでした。
その結末を受け入れられるほどの心理描写は描き切れていないのではないでしょうか?

このレビューは気に入りましたか?

3人の会員が気に入ったと投票しています

1〜 5件 / 全22件

TSUTAYA TV