月額課金で借りる月額課金で借りる

都度課金で借りる都度課金で借りる

関連動画(YouTube)

全体の平均評価点(5点満点)

累計評価件数

ユーザーレビュー:13件

スターゲイト:アトランティス シーズン2

  • 製作年:2005年
  • 製作国:アメリカ
  • 原題:STARGATE: ATLANTIS
  • DVD

『スターゲイト』のスピンオフ作品として生まれたSFアドベンチャーの第2シーズン第7巻。地震が頻発するタラニス星で大噴火が起きると予測したシェパードらは、住民に避難を促す。第19話と最終第20話に加え、特典に『新アウターリミッツ』第1話を収録。

ジャンル:
海外TVドラマ > SF
製作総指揮:
ジョセフ・マロッツィポール・マリーブラッド・ライトロバート・C・クーパー
出演:
ジョー・フラニガントリー・ヒギンソンデビッド・ヒューレットジェイソン・モモアレイチェル・ラトレルポール・マクギリオントリー・ヒギンソンデイビッド・ヒューレットレイチェル・ラトラル
  • DVD
  • DVD
  • DVD

スターゲイト:アトランティス シーズン2のシリーズ商品

1〜 7件 / 全7件

アトランティス シーズン2 Vol.1  旧作

▼商品詳細を表示する

アトランティス シーズン2 Vol.2  旧作

▼商品詳細を表示する

アトランティス シーズン2 Vol.3  旧作

▼商品詳細を表示する

アトランティス シーズン2 Vol.4  旧作

▼商品詳細を表示する

アトランティス シーズン2 Vol.5  旧作

▼商品詳細を表示する

アトランティス シーズン2 Vol.6  旧作

▼商品詳細を表示する

アトランティス シーズン2 Vol.7  旧作

▼商品詳細を表示する

1〜 7件 / 全7件

関連作品

【TSUTAYAだけ】バレット ダブルバウンド エネミー スターゲイト:アトランティス シーズン1
【TSUTAYAだけ】バレット ダブルバウンド エネミー スターゲイト:アトランティス シーズン1

ユーザーレビュー:13件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

並び順:
掲載日順
気に入った投票数順

1〜 5件 / 全13件

中身の濃いシーズン

掲載日:2008/05/20

レビュアー:汁男


アトランティス シーズン2 Vol.1 のレビュー

シーズン2を全部観てからの感想です。

前回のシーズン1では、設定やキャラクタの紹介や理解を深めるのに重きが置かれたエピソードが主体でした。今回はストーリに重点を置いた、内容の濃いエピソードが詰まったシーズンになっています。
最初にレビューを書き込んだ際、文字数オーバでエラーになったため、だいぶ削りました。それくらい濃いです。

今回、特筆すべきは、中佐に昇格し指揮権を獲得したシェパードと、フォードの変貌。
そして、新たなレギュラーメンバ“ロノン・デックス”の登場。テイラの男版といった感じでしょうか。ぶっきらぼうで直情的、かなりの戦闘力を持つという意味では、ティルクとかぶるかな。ティルクと違うのはスピード感と豊富な量の髪の毛。ジャファのような信念や思い入れはなさそうな感じですが、サバイバル能力に優れティルクよりちょっと頭良さそう。自分的にはこういうキャラ好きです。
なんとなく、「アンドロメダ」の“ティア・アナサジ”を思い出しました。

自分的に心に残ったエピソードをいくつか紹介しておきます。

第1話「迫り来る危機 完結編」は、前のシーズン1からの続きで、珍しく3エピソードにまたがった長編です。連続するピンチをギリギリのところで切り抜ける。なぜかうまくいくんだなぁ。思いつきの一発勝負なのに(笑)。
見所は待望の新型宇宙戦艦“ダイダロス”号の登場と、1個だけですがZPMを稼動させたアトランティス。驚くなかれ、ダイダロスにはアスガードのハーミオドが乗員として搭乗してます。

第6話「究極のパワー」は自信過剰なマッケイが巻き起こす騒動。騒動というには言葉が足りないくらいな事件で、彼も相当懲りたみたい。肩を落とし挫折感が漂うマッケイの姿が印象に残りました。それでも、前向きに考えるマッケイが好きです。

第7話「悲しき本能」は、考えさせられる話。
レイスは単純に恐ろしい生き物なのか、それとも人と分かり合える生き物なのかが描かれています。観終わった後はなんともいえない寂しさ、悔しさ、虚しさが残ります。

第8話「爪痕」と、第18話「マイケル」は、レイスの生物学上の謎を解明するエピソード。マイケルは最後のエピソードへつながる人物です。

第9話「眠れるオーロラ」は、エンシェントの戦艦“オーロラ”号と搭乗する大勢のエンシェントと初遭遇するエピソード。シーズン1の第15話でもエンシェントが出てきますが、それは過去の話。今回は現代です。

第13話「トラストの罠」は、久々に目がピカッと光るやつが出てきます。ペガサス銀河でいっぱいいっぱいなのに、足引っ張るなよって感じです。ピカッと光る方もレイスはお嫌いのようです。疑心暗鬼で二転三転するので、最後まで気が抜けないエピソードです。

第17話「クーデター計画」では、シーズン1でも出てきたジェナイ国家がまた登場します。スタートレックの“オブライエン”が出てくるといったほうがわかりやすいでしょうか。信頼と裏切りが交錯し、最後まで気の抜けないストーリです。

第19話「不機嫌なマグマ」は、文字通り火山が題材のエピソードです。これも、ピンチをギリギリでいかに脱するかという、SG−1らしいエピソードです。このエピソードで、重要なモノが手に入ります。その名は「エンタープライズ」じゃなくって「????」

最後の第20話「敵の敵は味方?」は、タイトルから想像できる通りで、レイスも一枚岩ではないというところに着目したエピソードです。しかしレイスにはゴアウルド顔負けの悪知恵を駆使した陰謀が。地球危うし!

地球の存亡がかかる次の第3シーズンに期待です。

全体的な印象ですが、
当面の危機を乗り越えたこともあってか、騒々しい前回に比べて一息ついて落ち着いた感があります。2シーズン目になって俳優さんたちにも余裕ができたんでしょうかね。
今回はSG−1らしいエピソードが多いと感じました。
レイスの生物学的な解明が進みますが、DNAに関連する医学や遺伝子工学がエピソードの根幹となるため、必然的にベケット先生が活躍します。
それと、これを言っちゃあおしまいですが、相変わらず自分たちの不始末がピンチを招いているような気がしてなりません。

以下、脱線。
オープニングシーンのアトランティスのシルエットは、どうもシンデレラ城に見えてしまうんですよねぇ。
ちなみに自分は夕暮れ時のウエスタンランドが好きです。
 

このレビューは気に入りましたか?

7人の会員が気に入ったと投票しています

CG映像の進化

掲載日:2008/05/10

レビュアー:maxfly-j


アトランティス シーズン2 Vol.7 のレビュー

作り手が、かなり練った内容で、特撮が非常にすばらしい、
もしかしたら近未来かもと思わせるのに十分 海の向こうでは
次回作が、作られていて放映ずみなので待ちどうしい

このレビューは気に入りましたか?

4人の会員が気に入ったと投票しています

スターゲイトファンに朗報です!

掲載日:2009/05/30

レビュアー:ぽんぽん玉


アトランティス シーズン2 Vol.7 のレビュー

本家スターゲイトをゆっくりと見ている間にシーズン10・アトランティスシーズン3〜がリリースされるかと期待していましたが、あまりの面白さに一気に見てしまい、消化不良気味です^^;
ちなみにスターゲイトはシーズン10が最終。その後、映画版が2本作られています。
アトランティスはシーズン5で終了。こちらも映画版が制作決定。
裏を明かせば、どちらも視聴率低迷による打ち切りです。
なので、スターゲイトは尻切れトンボ。完結させる為に作られたのが映画版2本です。
順番としては。。。
シーズン10
スターゲイト 真実のアーク(オーライとの戦い)
スターゲイト コンティニュアム ザ・ムービー(バールとの戦い)<リリース済み>
です。
そしてシーズン10と真実のアークが8月5日にDVD発売。
やっと完結できます!(^^)!
アトランティスシーズン3のリリース予定は未定ですが、今年、第2のスピンオフ・シリーズ『スターゲイト・ユニバース』がアメリカで放送決定!
まだまだスターゲイトは続きそうです。

このレビューは気に入りましたか?

3人の会員が気に入ったと投票しています

クセのありすぎる面々

掲載日:2009/05/25

レビュアー:ぽんぽん玉


アトランティス シーズン2 Vol.1 のレビュー

とうとうレイスとの全面戦争に突入したアトランティス。
しかしながら、ダイダロスが援軍として到着したものの実際にはあまり役に立っていない^^;
もちろん、エネルギー源の調達としては役に立っているが実際の戦術はアトランティスチームが絞り出している。
そしてなぜか【大佐】という人種は性格が悪い。威張り散らしているだけで足を引っ張る。
そしてそして結構早めに脱落 笑

この作品は本家スターゲイトと比べるとキャラクター達が濃い!
なんといってもマッケイ。スターゲイトでは嫌なキャラの感が強いが、こちらでは良い味を出している。
今回も護衛の兵士に対して「おまえ達は死んでもぼくの事は助けろ」と言い切ってしまう傲慢さ。
裏を返せばとっても素直^^;
マッケイがいなければアトランティスは動かないものね。
そしてちょっと嬉しいキャラ。それはリンジー・ノヴァク博士。
誰かって?ダイダロスに乗っている科学者です。
本家スターゲイトではプロメテウスに乗船。緊張するとしゃっくりが止まらなくなり、ダニエルに呆れられていた彼女ですww
今回はレギュラーですね。
後は、同じくダイダロスに乗船しているアスガードのハーミオド。
アスガードというのは地球人よりも進化しているし、パーフェクトな存在。。。と思いきや、結構人間くさいです^^;
アスガード語でブツブツと悪態をついている様が、逆に好感が持てるかも。

さてさてシーズン2はどう進んでいくのでしょうか。
個人的にはフォードの事が気になりますが。。。

このレビューは気に入りましたか?

3人の会員が気に入ったと投票しています

今更ながらの基礎知識

掲載日:2009/05/30

レビュアー:ぽんぽん玉


アトランティス シーズン2 Vol.6 のレビュー

本家スターゲイトシリーズとは異なり、今作品はトップに立つ人物が女性です。
その為、軍人達の【了解】を意味する言葉が【イエスサー】から【イエスマム】に変わっている事にお気づきでしょうか。
なんだか【了解=イエッサー!】みたいに思っていましたが、女性に対してサーを使うのはおかしいですものね。
実際の軍隊でも女性上官に対しては【イエスマム】と使うそうです。
ちなみにこの【マム】は【Madam】の略です。
おバカちゃんの私は最初【mom】の略だと思っていました^^;
おかげで未だに「イエスマム」と聞くと、「はい、お母さん」と頭に浮かんでしまいます。
はい、お母さん。はい、お母さん。はい、お母さん。。。

そして本題。
今回、またしてもエリザベスお母さんがやらかしてしまいました。
詳しくは第18話「マイケル」で。
彼女の判断ミスにより、またしてもアトランティスの存在をレイスに知らしめてしまった。
あまりに無謀な行動としか言いようがない。アトランティスを隠しているのであれば、もう少し頭を使ってほしい。
最初からアルファ基地を使うとかね。
これでお約束のレイスとの全面戦争突入ですか??

このレビューは気に入りましたか?

2人の会員が気に入ったと投票しています

1〜 5件 / 全13件

TSUTAYA TV