• ヘルプ
  • TSUTAYA光ご利用ガイド “重要事項のご説明”

重要事項のご説明

※価格はすべて税抜き表示です。

TSUTAYA光へのお申し込みの際は、以下の内容をご確認ください。

【現在ご利用中のサービスのご契約について】
※NTT東日本サイトより(「転用のお申し込みにあたりご同意いただきたい事項」)

●光アクセスサービス

光コラボレーション事業者様とのご契約となります。

  • ※一部の光アクセスサービスは転用に伴いタイプ変更が必要となります。詳細はNTT東日本「タイプ変更が必要となるサービスについて」をご確認ください。
  • ※光コラボレーション事業者様がご提供するサービスによって、光アクセスサービスのタイプ変更等により工事が発生する場合があります。
    タイプ変更等の有無を含め詳細は光コラボレーション事業者様にご確認ください。

●オプションサービス

<ひかり電話、フレッツ・テレビ、リモートサポートサービス、24時間出張修理オプション>

光コラボレーション事業者様が当該サービスをご提供している場合、光コラボレーション事業者様とのご契約となります(解約のお申し出がない限り、サービスは継続してご利用いただきます)。
光コラボレーション事業者様が当該サービスをご提供していない場合、引き続きNTT東日本とのご契約となります(解約のお申し出がない限り、サービスは継続してご利用いただきます)。

  • ※一部のひかり電話の料金プラン/料金サービスは転用に伴い変更等が必要となります。詳細はNTT東日本サイト「変更等が必要となる料金プラン/料金サービスについて」をご確認ください。
  • ※光コラボレーション事業者様がご提供するサービスによって、ひかり電話の料金プラン/料金サービスの変更等により工事が発生する場合があります。料金プラン/料金サービスの変更等の有無を含め詳細は光コラボレーション事業者様にご確認ください。
  • ※フレッツ・テレビにおける、スカパーJSAT(株)がご提供している放送サービス「スカパーJSAT施設利用サービス」は、引き続きスカパーJSAT(株)とのご契約となります。

<その他のサービス>

引き続きNTT東日本とのご契約となります(解約のお申し出がない限り、サービスは継続してご利用いただきます)。

  • ※転用後、光コラボレーション事業者様がご提供する光アクセスサービスが解約された場合、NTT東日本とご契約の上記のオプションサービスは自動的に解約となります。
  • ※転用後、光コラボレーション事業者様が提供する光アクセスサービスから、再度NTT東日本のフレッツ光をご契約いただく場合、フレッツ光は新規でのご契約となり初期工事費等が必要となります。この場合、お客さまIDやひかり電話の電話番号は変更となります。

【ご利用料金の請求について】

●光コラボレーション事業者様とのご契約となるサービスについて

転用日前日までの月額利用料等は日割(1日単位で計算)して、NTT東日本からご請求いたします。なお「フレッツ・テレビ伝送サービス」及び「リモートサポートサービス」(平成27年3月1日以降にご利用開始された方)は、転用日の当月利用料分は日割をせずに月額利用料をNTT東日本からお客様にご請求いたします。
ひかり電話A(エース)、安心プラン、もっと安心プランの月額基本料に含まれる通話料分及びテレビ電話チョイス定額の月額利用料については、転用日の属する当月利用料分は日割りをせずに、月額利用料をNTT東日本からお客様にご請求いたします。なお転用日が月初1日となった場合に限り、上記サービスの提供は前月末で終了します。
転用日以降の利用料等は、光コラボレーション事業者様にお問い合わせください。
日割となるサービスの請求書の扱いについて、詳細はNTT東日本「月額利用料等が日割となるサービスの請求書の扱いについて」をご確認ください。

●引き続きNTT東日本とのご契約となるサービスについて

引き続きNTT東日本よりお客様にご請求いたします。
個人名義のお客様について、お支払いが一般請求書や事前案内書を送付する口座振替(@ビリングなし)の場合は、それぞれ150円と100円の発行手数料をご負担いただきますので、口座振替と@ビリングへのお申し込みかクレジットカードによるお支払いへのお申し込みをお願いいたします。詳細はNTT東日本「料金お支払い方法などの変更に関するお願い」をご確認ください。

●工事費分割払いの残額について

フレッツ光の初期工事費・移転工事費を分割払い中のお客様は、転用後の各工事費のお取り扱いについて、光コラボレーション事業者様へお問い合わせください。

●現在ご利用中の料金サービスについて

NTTファイナンス社が提供する「おまとめ請求※1」、「Webビリング」、「tabalまるごと決済※2」及び「電話料金合算サービス※2」については、「フレッツ光」を「光コラボレーションモデル」へ「転用」し、NTT東日本からお客さまに直接ご提供する付加サービス等(ひかり電話、フレッツ・ウィルスクリア、リモートサポートサービス、フレッツ・テレビ、ひかり電話以外の固定電話等※3)のご利用がない場合は、ご利用いただけなくなる場合がございます。

  • ※1 「おまとめ請求」の商品概要についてはNTTファイナンス社のHPをご参照ください。
  • ※2 NTT東日本がご提供する「フレッツ光」に係る料金と併せて、加盟店ご利用料金等をご請求する回収代行サービスです。商品概要についてはNTTファイナンス社のHPをご参照ください。
  • ※3 NTT東日本からお客さまに直接ご提供する付加サービス等のうち、『ひかり電話以外の固定電話等』については、おまとめ請求、Webビリングのみの条件となります。

【その他、転用にあたって必ずご確認いただきたい事項】

以下のサービス等をご契約いただいている場合は、転用に伴いご利用いただけなくなるため、必ずご確認ください。

<フレッツ光メンバーズクラブ>

転用日をもって、フレッツ光メンバーズクラブで提供しているメンバーズクラブポイントおよび各種コンテンツがご利用いただけなくなります。

  • ※ポイントのご利用は、転用日の前日までにお手続きください。

<フレッツ・あずけ~る>

フレッツ光メンバーズクラブにご入会いただいている場合、または、リモートサポートサービスをご利用中で、転用後も光コラボレーション事業者様がご提供するリモートサポートサービスをご利用の場合、転用日をもって増量特典は終了いたします。なお、翌月末までデータを保持するものといたしますが、その期間を超えたものついては、事前に通知することなく利用可能容量以下になるまで保存した日時の古い順から削除いたします(例:無料プラン(5GB)の場合、利用可能容量は増量特典により10GBですが、転用後は増量特典がなくなるため利用可能容量は5GBとなります)。

  • ※リモートサポートサービスまたはオフィスまるごとサポート(ITサポート&セキュリティ)を引き続きNTT東日本とのご契約でご利用の場合は、転用後も増量特典は継続します。

<なおせ~る>

リモートサポートサービスをご利用中で、転用後も光コラボレーション事業者様がご提供するリモートサポートサービスをご利用の場合、転用日をもって、なおせ~る「パソコン・タブレットプラン」の月額利用料割引は終了いたします。

<フレッツ・パスポートID、フレッツ・まとめて支払い>

転用日をもって、フレッツ・パスポートIDがご利用できなくなります。そのため、フレッツ・まとめて支払いの決済はご利用できなくなります。

<フレッツ・ソフト配信サービス>

フレッツ・まとめて支払いがご利用できなくなるため、フレッツ・ソフト配信サービスをご利用できなくなります。 フレッツ・ソフト配信サービスで月額利用料で提供される「まるごとアンチウイルス」(ダイワボウ情報システム株式会社提供)等もご利用できなくなります。

<光ステーション>

転用に伴い、光ステーションのサービスや、インターネットがご利用できなくなる場合や、月額利用料が新たに発生する場合があります。必ずこちらの「注意事項」をご確認ください。

<ひかり電話オフィスタイプ、ひかり電話オフィスA(エース)>

光コラボレーション事業者様がご提供するアクセスサービスが、フレッツ 光ライトプラス相当の場合、ご利用できません。

<フレッツ・VPNワイド、フレッツ・VPNゲート>

光コラボレーション事業者様がご提供するアクセスサービスが、フレッツ 光ネクスト ファミリーギガラインタイプ、マンション・ギガラインタイプ、フレッツ 光ライトプラス相当の場合、フレッツ・VPNワイドをご利用できません。
光コラボレーション事業者様がご提供するアクセスサービスが、フレッツ 光ライトプラス相当の場合、フレッツ・VPNゲートを利用できません。
フレッツ・VPNワイド及び、フレッツ・VPN ゲートを用いて各種システム(レセプトオンライン等)を利用されている場合には、転用に伴い当該システムをご利用いただけなくなる場合があります。
詳しくは、システム等に係る提供者さまにお問い合わせください。

<メール情報配信>

メール情報配信をご利用いただいている場合、転用日以降はご利用いただけなくなります。

<ITサポート&セキュリティ for MAプラン>

監視対象となるフレッツ・ソフト配信サービスで月額利用料で提供する「まるごとアンチウイルス」(ダイワボウ情報システム株式会社提供)がご利用できなくなるため、ITサポート&セキュリティ for MAプランは自動的に解約となります。

●割引サービス、キャンペーンについて

フレッツ光等に関する割引サービス(にねん割、単身&かぞく応援割等)、キャンペーンの適用については、転用に伴い終了となります。なお、終了に伴うにねん割の解約金は発生しません。

●プロバイダパックについて

転用に伴い、プロバイダサービスのコース変更が必要となる場合があります。その際に、プロバイダサービスの月額利用料等が変更になる場合や、プロバイダが提供しているキャンペーン等が終了または変更となる場合がありますので、ご利用中のプロバイダへご確認ください。

TSUTAYA光へのお申し込みの際は、以下の内容をご確認ください。

【フレッツ光ご契約者さまに確認または同意いただく必要がある事項】
※NTT西日本サイトより(PDFをダウンロード)

お客さまが、「フレッツ光」を解約し、「コラボ光」を新たに契約する「転用」の手続きを進めるにあたり、以下の注意事項について、確認または同意いただくようお願いします。

【契約者情報の光コラボレーション事業者さま等への提供について】

以下の場合において、お客さまの契約者情報が光コラボレーション事業者さま等に提供されることについて、同意いただく必要があります。

  • ・お客さまが光コラボレーション事業者さまに対して、「フレッツ光」から「コラボ光」への「転用」を申込みされた場合において、光コラボレーション事業者さまからNTT西日本に対して、「転用」の手続きが行われたときは、NTT西日本は、その光コラボレーション事業者さまに、お客さまの契約者情報※1を提供いたします。
    • ※1 フレッツ光のご契約者の氏名・会社名、住所、連絡先、付加サービス等のご利用の有無 等
  • ・NTT西日本は、業務上必要な場合には、お客さまが「フレッツ光」から「コラボ光」への「転用」を実施された旨の情報等を、第三者に通知する場合があります。

【光コラボレーション事業者さまより「コラボ光」として提供されるサービスについて】

●光アクセスサービスについて

  • ・「転用」の手続きによって、新たに工事等を実施することなく※2、現在、お客さまが契約されている「フレッツ光」は解約となり、 「コラボ光」を新規に契約いただくことになります。この場合、お客さまの契約先は、「NTT西日本」から「光コラボレーション事業者さま」に変更されることになります。※3※4
  • ・転用日前日までの転用を含む月に係る月額利用料等は日割り(1日単位で計算)して、NTT西日本からご請求いたします。※5
  • ※2 お客さまが契約されている「フレッツ光」の品目(Bフレッツ、フレッツ・光プレミアム等)によっては、「転用」の手続きに際して品目変更が必要になる等、新たに工事等を実施する場合があります。この場合、お客さまID(CAF/Lで始まる番号)が変更となることがあります。
  • ※3 お客さまがBフレッツ、フレッツ・光プレミアムをご契約されている場合、マンションのフレッツ光サービスの提供形態によっては、 「コラボ光」へ「転用」いただけない場合があります。
  • ※4 お客さまがフレッツ 光マイタウンをご契約されている場合、 「コラボ光」へ「転用」いただくことができません。
  • ※5 「フレッツ光」の料金をISP(インターネットサービスプロバイダー)料金とまとめ、 ISP事業者さまにお支払いただいているお客様は、「フレッツ光」の月額利用料等が日割りとならない場合がございます。

●ひかり電話について

  • ・光コラボレーション事業者さまが、「ひかり電話」を「コラボ光の卸ひかり電話」として提供されている場合は、「転用」の手続きによって、新たに工事等を実施することなく※6、現在、お客さまが契約されている「ひかり電話」は解約となり、 「コラボ光の卸ひかり電話」を新規に契約いただくことになります。この場合、お客さまの契約先は、「NTT西日本」から「光コラボレーション事業者さま」に変更されることになります。
    また、ひかり電話の電話番号は変更されません。
  • ・光コラボレーション事業者さまが、「ひかり電話」を「コラボ光の卸ひかり電話」として提供されていない場合は、「フレッツ光」の「転用」後、原則、NTT西日本からお客さまに直接「ひかり電話」を提供することになります(お客さまからNTT西日本へ直接特段のお申し出がない限り、サービスは継続してご利用いただきます) 。※7
  • ・「ひかり電話A(エース)」「ひかり電話安心プラン」、「ひかり電話もっと安心プラン」をご契約されているお客さまが、「ひかり電話」から「コラボ光の卸ひかり電話」への「転用」を実施された場合、 「ひかり電話A(エース)」 「ひかり電話安心プラン」、「ひかり電話もっと安心プラン」の月額基本料金に含まれる通話料分は、「転用」後の「コラボ光の卸ひかり電話」へ繰り越すことはできません。また、転用日を含む月に係る月額基本利用料のうち通話料相当分は、日割りをせずにNTT西日本からお客様にご請求いたします。
  • ・「テレビ電話チョイス定額」または「グループ通話定額テレビ電話プラン」をご契約されているお客さまが、 「ひかり電話」から「コラボ光の卸ひかり電話」への「転用」を申し込まれる場合には、光コラボレーション事業者さまへの「転用」の申込みに先立って、お客さまからNTT西日本(116等)に対し、それらプラン等の廃止を申込みいただく必要があります。なお「テレビ電話チョイス定額」については、転用日を含む月に係る月額利用料は日割りをせずに、NTT西日本からお客様にご請求いたします。
  • ※6 お客さまが契約されている「フレッツ光」の品目(Bフレッツ、フレッツ・光プレミアム等)によっては、また、お客さまが契約されている「ひかり電話」の品目とお客さまが新たに契約される「コラボ光の卸ひかり電話」の品目との組み合わせによっては、「転用」の手続きに際して、新たに工事等を実施する場合があります。
  • ※7 「コラボ光」が廃止された場合、NTT西日本からお客さまに直接提供する「ひかり電話」は同時に廃止されることになります。

●付加サービスについて

<フレッツ・テレビ、リモートサポートサービス、ホームゲートウェイ(レンタル)、ホームゲートウェイ無線LANカード、フレッツ・v6オプション、24時間出張修理オプション>

  • ・光コラボレーション事業者さまが、フレッツ・テレビ、リモートサポートサービス、ホームゲートウェイ(レンタル)、ホームゲートウェイ無線LANカード、フレッツ・v6オプション、24時間出張修理オプションを「コラボ光の卸付加サービス」として提供されている場合は、「転用」の手続きによって、お客さまがご契約されているサービスは解約となり、 お客さまに「コラボ光の卸付加サービス」を新規に契約いただくことになります。この場合、お客さまの契約先は、「NTT西日本」から「光コラボレーション事業者さま」に変更されることになります。※8
  • ・お客さまがフレッツ・テレビをご利用されている場合、スカパーJSAT(株)の放送サービス「スカパーJSAT施設利用サービス」は、引き続き、スカパーJSAT(株)からお客さまに提供されることになります。愛媛CATV&フレッツ光をご利用されている場合、(株)愛媛CATVが提供する放送サービス「愛媛CATVケーブルテレビサービス」は、引き続き、(株)愛媛CATVからお客さまに提供されることになります。
  • ・転用日を含む月に係る転用日前日までの月額利用料等は日割(1日単位で計算)して、NTT西日本からご請求いたします。なお「スカパーJSAT施設利用料」は、転用日を含む月に係る月利用料分は日割をせずに月額利用料をNTT西日本からお客様にご請求いたします。
  • ※8 「コラボ光」が廃止された場合、NTT西日本からお客さまに直接提供する「付加サービス」は同時に廃止されることになります。

◇ご注意ください

  • ・「フレッツ光」から「コラボ光」への「転用」が行われた後、お客さまが「フレッツ光」の再利用を希望される場合、また、他の光コラボレーション事業者さまが提供する「他のコラボ光」に変更することを希望される場合には、新たに工事等を実施する必要があるほか、ひかり電話の電話番号、お客さまID(CAF/Lで始まる番号)等を変更する必要が生じます。
  • ・「コラボ光」への「転用」によって、「フレッツ光」は解約となるため、NTT西日本から特定の付加サービスを直接提供していない場合、CLUB NTT-Westに係るポイントの付与・利用及びその他の機能についてはご利用いただけなくなります。
    詳細はページに記載の「●CLUB NTT-Westについて」をご確認ください。

【NTT西日本よりご提供する付加サービスについて】

  • ・お客さまが、フレッツ・テレビ、リモートサポートサービス、ホームゲートウェイ(レンタル)、ホームゲートウェイ無線LANカード、フレッツ・v6オプション、24時間出張修理オプション以外の付加サービスをご契約されている場合は、「フレッツ光」から「コラボ光」への「転用」後も、原則、 NTT西日本からお客さまに直接「当該サービス」を提供することになります(お客さまからNTT西日本へ直接特段のお申し出がない限り、サービスは継続してご利用いただきます) 。
  • ・光コラボレーション事業者さまが、フレッツ・テレビ、リモートサポートサービス、ホームゲートウェイ(レンタル)、ホームゲートウェイ無線LANカード、フレッツ・v6オプション、24時間出張修理オプションを「コラボ光の卸付加サービス」として提供されていない場合は、 「フレッツ光」の「転用」後、原則、NTT西日本からお客さまに直接「当該サービス」を提供することになります(お客さまからNTT西日本へ直接特段のお申し出がない限り、サービスは継続してご利用いただきます) 。※9※10※11
  • ※9 「コラボ光」が廃止された場合、NTT西日本からお客さまに直接提供する「当該付加サービス」は同時に廃止されることになります。
  • ※10 NTT西日本から直接提供される付加サービスに係る各種の申込みについては、お客さまからNTT西日本へ直接お申込みください。
  • ※11 ホームゲートウェイ関連付加サービス(「セキュリティ機能まるごとWebフィルター」「無線LANカード」等)をご利用のお客さまが、ホームゲートウェイを利用しない、またはホームゲートウェイのルータ機能を停止した場合は、ホームゲートウェイ関連付加サービスは同時に廃止されることになります。

●セキュリティ機能

  • ・お客さまに標準機能として提供されている「セキュリティ対策ツール」については、「コラボ光」への「転用」後、お客さまが契約される「コラボ光」によってはご利用いただけなくなる場合があります。なお、その際、お客さまが「セキュリティ機能ライセンス・プラス」をご契約いただいている場合には、NTT西日本が「セキュリティ対策ツール」及び「セキュリティ機能ライセンス・プラス」のために提供している複数のシリアル番号のうち、いずれか1つがご利用いただけなくなります。
  • ・お客さまが、「セキュリティ対策ツール」をご利用いただけなくなる場合は、NTT西日本からお客さまに直接提供する「セキュリティ機能ライセンス・プラス」をご契約いただくか、お客さまご自身でセキュリティソフトをご用意いただく等のセキュリティ対策を実施願います。
  • ・お客さまが「セキュリティ対策ツール」を継続してご利用される場合、「セキュリティ対策ツール使用許諾書」をご確認いただき、内容に同意いただく必要があります。

●フレッツ・パスポートID及びフレッツ・パスポートIDを利用するサービス

「コラボ光」への「転用」が行われた場合において、フレッツ・パスポートID(それを利用するサービスを含む)はご利用いただけなくなります。

●付加サービスの契約者名義について

NTT西日本は、NTT西日本からお客さまに直接提供する付加サービス等について、 お客さまが光コラボレーション事業者さまに申し出た「コラボ光」の利用者名義をもって、その契約者名義とする取り扱いをするものとします。なお、利用者名義を変更された場合、NTT西日本のお支払方法が請求書支払となり、Myビリングも解約となる場合があります。

【ご利用料金の請求について】

●光コラボレーション事業者さまが提供するサービスのご利用料金について

  • ・転用日以降の「コラボ光」等に係る料金については、光コラボレーション事業者さまからお客さまに請求されることになります。詳細は、光コラボレーション事業者さまへお問い合わせください。
  • ・ 「コラボ光の卸ひかり電話」への「転用」が行われた場合において、お客さまが「コラボ光の卸ひかり電話」の電話番号を海外からのコレクトコールの課金先電話番号とすることを承諾し、コレクトコールに係る通話が行われたときは、光コラボレーション事業者さまからお客さまに対し、その利用料金が請求される場合があります。

●NTT西日本が提供するサービスのご利用料金について

  • ・転用日前日までの「フレッツ光」等に係る料金については、NTT西日本からお客さまに請求いたします。(請求時期は1~3ヶ月後になる場合があります。)
  • ・ 「コラボ光」への「転用」が行われた場合において、 「フレッツ光」は解約されるため、フレッツ光に係る各種割引サービス等は解約されることになりますが、「フレッツ光」に係る「光もっと2割」、「Web光もっと2割」、「どーんと割」、「初期工事費割引」等の料金割引に係る解約金は、NTT西日本からお客さまに請求いたしません。なお、転用後の「コラボ光」に係る解約金等については、光コラボレーション事業者さまにお問い合わせください。
  • ・お客さまが「フレッツ光」の「グループ割」を契約されている場合において、 「コラボ光」への「転用」が行われたときは、「グループ割」は解約となります。
    そのため、主回線の方の場合は副回線の方の「グループ割」も解約となり、副回線の方の場合も「グループ割」が解約、または、グループ加入者の割引額が減額となる場合がありますので、グループ加入者の同意をご確認ください。
  • ・お客さまが「フレッツ光」の「初期工事費」を分割払いされている場合において、 「コラボ光」への「転用」が行われたときは、NTT西日本からお客さまに対して分割払いの残債額を請求いたしません。なお、転用後の「コラボ光」に係る解約金等については、光コラボレーション事業者さまにお問い合わせください。
  • ・NTT西日本からお客さまに直接提供する付加サービス等に係る料金については、NTT西日本からお客さまに請求いたします。
  • ・NTT西日本が一般請求書や口座振替事前案内書を送付する場合の手数料及び変更申込方法等については、「料金ご案内方法及びお支払い方法に関するお手続きについて」をご確認ください。
  • ・お客さまが「フレッツ光」の転用前に「フレッツ・テレビ」の「テレビ接続工事費」を分割払いされている場合において、「フレッツ光」が転用されたときは、NTT西日本はお客さまに対して、 「フレッツ光」の転用日を含む月に係る月額料金の請求時に、分割払いの残債額を一括請求いたします。
  • ・NTT西日本の複数のサービスに係る利用者料金が一括請求されている場合において、「フレッツ光」から「コラボ光」への「転用」が行われたときは、その一括請求が解除される場合があります。
  • ・「コラボ光」への「転用」が行われた場合において、リモートサポートサービスが「コラボ光の卸付加サービス」として提供されるときは、フレッツあんしんパックをご契約またはひかり機器保証とリモートサポートサービスをご契約の場合に適用される割引は適用されません。
  • ・NTT西日本からの請求等については、NTTファイナンスからの請求等となる場合があります。

●NTT西日本/NTTファイナンスが料金請求回収代行する他事業者さまのサービスのご利用料金について

  • ・NTT西日本が「フレッツ光」に係る料金と併せて料金請求回収代行する他事業者さまサービスのご利用料金(ISP(インターネットサービスプロバイダー)料金、リース料金、スカパーJSAT施設利用料金等)について、 「コラボ光」への「転用」が行われたときは、 「フレッツ光」の転用日を含む月に係る料金は、NTT西日本が料金請求回収代行を実施します。転用日を含む月の翌月以降に係る料金については、ISP(インターネットサービスプロバイダー)料金についてはISP事業者さまから、リース料金等についてはリース会社さま等から、フレッツ・テレビが「コラボ光の卸付加サービス」として提供されている場合のスカパーJSAT施設利用料金については、光コラボレーション事業者さまからの請求となります。ただし、NTT西日本からお客さまに付加サービス等が直接提供されているときは、NTT西日本が料金請求回収代行を継続実施できる場合があります。
    詳しくは、各事業者さま、またはリース会社さま等にお問い合わせください。
  • ・NTTファイナンスが「フレッツ光」に係る料金と併せて料金請求回収代行する「tabalまるごと決済」「おまとめ請求」について、「コラボ光」への「転用」が行われた場合において、NTT西日本からお客さまに付加サービス等が直接提供されないときは、NTTファイナンス株式会社が提供している「tabalまるごと決済」はご利用いただけなくなります。また、「おまとめ請求」についてもご利用いただけなくなる場合がございます。
  • ・「フレッツ光」から「コラボ光」への「転用」に伴い、 NTT西日本が「フレッツ光」に係る料金と併せて料金請求回収代行する他事業者さまサービスが解約される場合があります。(尚、株式会社グラモが提供する「iRemocon for フレッツ」、株式会社オプティムが提供する「ソフト使い放題onフレッツ」、株式会社中国放送が提供する「RCC広島カープ 光BOX+」、株式会社radikoが提供する「radiko.jpプレミアム」は、サービスが解約されます)この場合について、他事業者さまサービスに最低利用期間の定めがあるときは、残りのご利用期間に応じた解約金が発生することがあります。詳しくは各事業者さまにお問い合わせください。

【その他留意事項】

●ご利用中のISP(インターネットサービスプロバイダー)について

  • ・「コラボ光」への「転用」後にご利用いただけるISP(インターネットサービスプロバイダー)は、光コラボレーション事業者さまによって異なる場合があります。詳しくは、継続可否等を含め、必要な手続きを光コラボレーション事業者さまにお問い合わせください。
  • ・お客さまが「with フレッツ」※12をご利用されている場合において、「コラボ光」への「転用」によって、「with フレッツ」が解約となるため、ISP(インターネットサービスプロバイダー)料金がISP事業者さま等から個別に請求される場合があります。
  • ※12 「with フレッツ」には、フレッツ光の利用料金とISP(インターネットサービスプロバイダー)の利用料金が、ISP(インターネットサービスプロバイダー)から請求される場合とNTT西日本(NTTファイナンス)から請求される場合の2種類があります。

●CLUB NTT-Westについて

  • ・「コラボ光」への「転用」によって、「フレッツ光」は解約されるため、以下の場合を除いて、CLUB NTT-Westに係るポイントの付与・利用及びその他の機能についてはご利用いただけなくなります。
  • ・個人のお客さまで弊社の指定する付加サービス※13のいずれか1つ以上をNTT西日本から直接提供されている場合、または法人のお客さまで弊社の指定する付加サービス※13のいずれか1つ以上をNTT西日本から直接提供されている場合、もしくは法人のお客さまで弊社が取り扱う情報機器(弊社ブランドの機器に限る)を保有していることが弊社の指定する方法により確認できた場合は、「コラボ光」への「転用」から1週間程度が経過して以降、引き続きCLUB NTT-Westに係るポイントをご利用いただけます。
  • ※13 弊社が指定する付加サービスについては「別表1」をご確認ください。

●故障問い合わせについて

「コラボ光」に係る故障の問い合わせについては、光コラボレーション事業者さまへお問い合わせください。
なおNTT西日本が直接提供する付加サービス等に関する故障問い合わせについては、NTT西日本にお問い合わせください。※14

  • ※14 故障修理費のご請求につきましては、「コラボ光」に係る故障であっても、修理個所によって光コラボレーション事業者様から請求される場合とNTT西日本(NTTファイナンス)から請求される場合の2種類があります。

●メール情報配信について

「コラボ光」への「転用」後、NTT西日本のメール情報配信はご利用いただけなくなります。

●「コラボ光」の一部品目のその他留意事項について

  • ・「コラボ光」の品目によっては、 NTT西日本が提供する付加サービスで利用するデータが従量課金の対象となる場合がございます。
    従量課金の 対象有無については、光コラボレーション事業者さまの料金体系(従量制・定額制等※15)によって異なる場合があるため、詳しくは光コラボ レーション事業者さまにお問い合わせください。
  • ・「コラボ光」の品目によっては、NTT西日本が提供するフレッツ・キャスト(マルチキャスト通信機能)を活用したコンテンツ配信事業者様の サービスをご利用の場合、利用できない場合がございます。

●Myビリングについて

  • ・ Myビリングをご利用中のお客様は、「コラボ光」への「転用」後も、お客さまからNTT西日本へMyビリングのご解約のお申し出がない、もしくは当該サービスの利用規約※16における「Myビリングの提供中止」の事項に該当しない限り、サービスを継続してご利用いただけます。※17※18※19
  • ※16 Myビリングの利用規約は、NTT西日本サイト「ご利用規約」をご確認ください。
  • ※17 「ご利用料金のお知らせ」「通話明細」をご利用中のお客様に限ります。また、「コラボ光の卸ひかり電話」をご利用の際は「通話明細」・「前日までのご利用料金」は ご利用いただけません。
  • ※18 コラボ光への「転用」後に移転等をされた場合、MyビリングのIDとパスワードが再発行される場合があります。
  • ※19 NTT西日本からの請求が無い場合は「0円」と表示されます。

●ご注文のご依頼先について

「コラボ光」に関するご注文については、光コラボレーション事業者さまへお問い合わせください。また、NTT西日本が直接提供する付加サービス等に関するご注文については、NTT西日本にお問い合わせください。※20

  • ※20 ご注文に係る費用等につきましては、「コラボ光」に係るご注文であっても、ご注文内容によって光コラボレーション事業者様からから請求される場合とNTT西日本(NTTファイナンス)から請求される場合の2種類があります。

●NTT西日本(NTTファイナンス)からの請求方法について

NTT西日本が直接提供する付加サービス等に限り 「コラボ光」への「転用」後も、継続してご利用いただけます。ただし、利用者名変更や移転等をされますと、お客さまからNTT西日本へ直接特段のお申し出がない限り、請求書払いとなり、 Myビリングは廃止される場合があります。

●料金のお支払について

「コラボ光」に係るお支払についてのご質問は、光コラボレーション事業者さまへお問い合わせください。
なおNTT西日本が直接提供する付加サービス等に関するお支払についてのご質問は、NTT西日本にお問い合わせください。※21

  • ※21 NTT西日本(NTTファイナンス)からご請求させていただいた料金(「コラボ光」への「転用」前のご請求も含みます)について、お支払が滞る場合は、事前に連絡の上付加サービス等の廃止をさせていただく場合があります。(お支払義務は残ります)。Myビリングをご契約の場合は、付加サービス等の廃止に伴い廃止となります。

●Bフレッツ マンションタイプをご利用中のお客様について

Bフレッツ マンションタイプは平成29年1月31日(火)をもってサービス提供を終了させていただきます。Bフレッツ マンションタイプをご利用中のお客様は、平成29年1月31日(火)までに「転用」が完了するよう、お早めに、光コラボレーション事業者さまへ「コラボ光への転用」のお申し込みを行ってください。※22

  • ※22 「コラボ光への転用」のお申し込み及び転用日の決定等、手続きが遅れた場合、インターネット等のご利用ができなくなります。なお、「コラボ光への転用」のお申し込みをNTT西日本が確認した日から転用日前日までの月額利用料等は日割り(1日単位で計算)して、NTT西日本からご請求いたします。
    その他、詳細な条件等については、別途NTT西日本からBフレッツ マンションタイプのご利用場所住所等に送付する書面にてご確認ください。

以下のサービスをご利用のお客さまに確認または同意いただく必要がある事項

【対象となるサービス】

ひかり電話オフィスA(エース)、ひかり電話オフィスタイプ、ひかり電話ビジネスタイプ、オフィス安心パック、フレッツ・VPNゲート、フレッツ・VPNワイド、フレッツ・オフィス、フレッツ・オフィスワイド、フレッツ・グループ・お客さまが、「フレッツ光」を解約し、「コラボ光」を新たに契約する「転用」の手続きを進めるにあたり、「フレッツ光ご契約者さまに確認または同意いただく必要がある事項」に加えて、以下の注意事項について、確認または同意いただくようお願いします。

<ひかり電話オフィスA(エース)、ひかり電話オフィスタイプ等をご利用のお客さま>

  • ・光コラボレーション事業者さまが、「ひかり電話オフィスA(エース)、ひかり電話オフィスタイプ」を「コラボ光の卸ひかり電話」として提供されている場合は、「転用」の手続きによって、新たに工事等を実施することなく※1、現在、お客さまが契約されている「 「ひかり電話オフィスA(エース)、ひかり電話オフィスタイプ」は解約となり、 「コラボ光の卸ひかり電話」を新規に契約いただくことになります 。この場合、お客さまの契約先は、「NTT西日本」から「光コラボレーション事業者さま」に変更されることになります。また、ひかり電話の電話番号は変更されません。
  • ・光コラボレーション事業者さまが、「ひかり電話オフィスA(エース)、ひかり電話オフィスタイプ」を「コラボ光の卸ひかり電話」として提供されていない場合は、「フレッツ光」の「転用」後、原則、NTT西日本からお客さまに直接「 ひかり電話オフィスA(エース)、ひかり電話オフィスタイプ」を提供することになります(お客さまからNTT西日本へ直接特段のお申し出がない限り、サービスは継続してご利用いただきます) 。※2※3※4※5
  • ・複数拠点で「ひかり電話オフィスA(エース)」「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話(基本プラン)」をご契約されているお客さまが、「グループ通話定額」・「グループダイヤリング」をご利用されている場合において、一部拠点を「コラボ光の卸ひかり電話」に転用されたときは、 「ひかり電話オフィスA(エース)」「ひかり電話オフィスタイプ」 「ひかり電話(基本プラン)」を引き続きご契約されている拠点と「コラボ光の卸ひかり電話」に転用された拠点との間で「グループ通話定額」・「グループダイヤリング」をご利用いただくことができません。
  • ※1 お客さまが契約されている「フレッツ光」の品目(Bフレッツ、フレッツ・光プレミアム等)によっては、また、お客さまが契約されている「 ひかり電話オフィスA(エース)、ひかり電話オフィスタイプ」の品目とお客さまが新たに契約される「コラボ光の卸ひかり電話」の品目との組み合わせによっては、「転用」の手続きに際して、新たに工事等を実施する場合があります。
  • ※2 「コラボ光」が廃止された場合、NTT西日本からお客さまに直接提供する「ひかり電話オフィスA(エース)、ひかり電話オフィスタイプ」は同時に廃止されることに なります。
  • ※3 「フレッツ・光プレミアム」と「ひかり電話オフィスタイプ」を利用されているお客さまが「コラボ光」への「転用」と「ひかり電話オフィスタイプ」の「継続利用」を希望される場合において、光コラボレーション事業者さまが「コラボ光の卸ひかり電話」を提供していないときは、「コラボ光」への「転用」に先立って、お客さまからNTT西日本に対し、「フレッツ光ネクスト」への「品目変更」のお申込みが必要となります。
  • ※4 「ひかり電話ビジネスタイプ」を利用されているお客さまが「コラボ光」へ「転用」される場合、ご利用中の「ひかり電話ビジネスタイプ」はご利用いただけなくなります。
    詳しくは、NTT西日本にお問い合わせください。
  • ※5 「コラボ光」の品目によっては、「ひかり電話オフィスA(エース)、ひかり電話オフィスタイプ等」が継続利用できない場合がございます。
    詳しくは光コラボレーション 事業者さまにお問い合わせください。

<フレッツ・VPNワイドをご利用のお客さま>

  • ・お客さまがBフレッツまたはフレッツ・光プレミアムをアクセス回線としてフレッツ・VPNワイドをご利用されている場合において、「コラボ光」への「転用」が行われたときは、ご利用中のフレッツ・VPN ワイドは同時に廃止されることになります。フレッツ・VPNワイドをご利用いただくためには、「コラボ光」への「転用」のお申込み前に、お客さまからNTT西日本にフレッツ光ネクストへの品目変更をお申込みいただくか、「コラボ光」への「転用」が完了した後に、お客さまからNTT西日本にフレッツ・VPN ワイドをお申込みいただく必要があります(「コラボ光」への転用後にフッツ・VPNワイドをお申込みいただいた場合、その開通までの間、フレッツ・VPNワイドはご利用いただけません。)※6
    また、お客さまのご利用頂いているプランによっては、「コラボ光」への「転用後」にご利用いただけなくなる場合があります。詳しくはNTT西日本にお問い合わせください。
  • ※6 「コラボ光」の品目によっては、「フレッツ・VPNワイド」が継続利用できない場合がございます。詳しくは光コラボレーション事業者さまにお問い合わせください。

<フレッツ・オフィス、フレッツ・オフィスワイド、フレッツ・グループをご利用のお客さま>

  • ・お客さまがフレッツ・オフィス、フレッツ・オフィスワイド、フレッツ・グループを利用されている「フレッツ光」について、「コラボ光」への「転用」を行うときは、転用される「コラボ光」回線から当該サービスがご利用いただけなくなります。詳しくは、NTT西日本またはシステム等に係る提供事業者さまにお問い合わせ下さい。

<オフィス安心パックをご利用中のお客さま>

お客さまがNTT西日本の「オフィス安心パック」をご契約いただいている場合は、「コラボ光」への「転用後」も、引き続き 「オフィス安心パック」をご利用いただけます。詳細については、必要に応じて、NTT西日本へお問い合わせください。

新規

■TSUTAYA光

お申し込み前に以下をご確認ください。

▽提供サービス概要

サービスタイプ   サービス概要
通信速度
戸建て・ギガプラン 最大概ね1Gbps 最大1Gbpsのアクセス区間を共用する主に戸建て住宅向けのサービス
戸建て・ハイスピードプラン 下り(データ受信)最大200Mbps 最大200Mbpsのアクセス区間を共有する主に戸建て住宅向けのサービス
上り(データ送信)最大100Mbps
戸建て・ノーマルプラン 最大100Mbps 最大100Mbpsのアクセス区間を共有する主に戸建て住宅向けのサービス
マンション・ギガプラン 最大概ね1Gbps 集合住宅等で最大1Gbpsのアクセス区間を共用するサービス

〈ミニ〉 同一集合住宅等で4以上の契約が見込まれる場合
〈プラン1〉 同一集合住宅等で8以上の契約が見込まれる場合
〈プラン2〉 同一集合住宅等で16以上の契約を代表者より一括 でお申し込みいただける場合

マンション・ハイスピードプラン 下り(データ受信)最大200Mbps
上り(データ送信)最大100Mbps
集合住宅等で最大200Mbpsのアクセス区間を共用するサービス

〈ミニ〉 同一集合住宅等で4以上の契約が見込まれる場合
〈プラン1〉 同一集合住宅等で8以上の契約が見込まれる場合
〈プラン2〉 同一集合住宅等で16以上の契約を代表者より一括 でお申し込みいただける場合

マンション・ノーマルプラン 最大100Mbps 集合住宅等で最大100Mbpsのアクセス区間を共用するサービス

〈ミニ〉同一集合住宅等で4以上の契約が見込まれる場合
〈プラン1〉 同一集合住宅等で8以上の契約が見込まれる場合
〈プラン2〉 同一集合住宅等で16以上の契約を代表者より一括 でお申し込みいただける場合

  • ※ 通信速度は、お客さま宅内に設置する弊社回線終端装置から弊社設備までの間における技術規格上の最大値であり、お客さま宅内での実使用速度を示すものではありません。インターネット利用時の速度は、お客さまのご利用環境や端末機器の仕様、回線の混雑状況によって大幅に低下する場合があります。
  • ※インターネット(IPv6 IPoE)での通信(IPv6アドレスに対応したウェブサイトの閲覧等に限る)を行う場合、ハイスピードタイプの最大通信速度は上り最大100Mbps、下り最大概ね1Gbpsとなります。
  • ※100Mbpsを超える通信速度でご利用いただくためには、1Gbpsの通信速度に対応した環境が必要となります。100Mbpsの通信速度に対応した環境でもご利用いただくことは可能ですが、最大通信速度は100Mbpsとなります。
  • ※ IEEE802.11acに対応したホームゲートウェイ(回線終端装置内蔵)とIEEE802.11nに対応した無線LANカードをレンタルで提供いたします。
  • ※ 本サービスにおける無線区間の最大伝送速度は、ご利用端末の通信方式(IEEE802.11acの場合は最大1.3Gbpsまで、IEEE802.11nの場合は最大450Mbpsまで等)に準拠します。
  • ※ お客さまがご利用のWi-Fi対応機器は、IEEE802.11ac/n/a/g/bに準拠している必要があります。
  • ※ 無線LANのご利用には、お客さまご自身でのホームゲートウェイ、無線LANカード、Wi-Fi対応機器の接続設定が必要な場合があります。
  • ※ 「フレッツ・VPN ワイド」は適用対象外となります。
  • ※ 料金は、TSUTAYA DISCASサイト内にてご確認ください。

▽ご利用上の注意

  • (1)本サービスは、IPv4またはIPv6によるPPPoEおよびIPv6によるIPoEを利用してNTTが提供するフレッツ網へ接続した通信にてご利用いただけます。
  • (2)「TSUTAYA光(ギガプラン以外)」は、インターネット(IPv6 IPoE)接続機能のご利用に必要となる「フレッツ・v6オプション」(月額利用料無料)をご利用可能な状態で提供いたします。
    同日工事の「フレッツ・v6オプション」工事費は無料です。「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ」は「フレッツ・v6オプション」相当の機能が、あらかじめ利用できる状態で提供いたします。
  • (3)回線設備のメンテナンス等のため、サービスを一時中断する場合があります。
  • (4)本サービスの料金計算期間は毎月1日から末日までです。計算期間の途中での契約または契約解除のお申し込みは、該当する利用期間の日割計算額をお支払いいただきます。
  • (5)回線終端装置またはVDSL装置とお客さま端末はLANケーブルで接続してください。

▽お支払い方法

TSUTAYA DISCASご入会時にご登録いただいた、クレジットカードにてお支払いいただきます。
プロバイダー利用料は、各プロバイダー事業者様へ別途お支払いが発生いたしますので、ご注意下さい。

■TSUTAYAひかり電話

お申し込み前に以下をご確認ください。

ご利用になる前に設定が必要な付加サービスがあります
  • ○TSUTAYAひかり電話の付加サービス「電話転送サービス」「ナンバー・リクエスト」「着信お知らせメール」 「FAXお知らせメール」につきましては、ご契約時には停止状態となっております。ご利用前に 電話機等による設定が必要となります。
  • ○なお、加入電話で上記の付加サービスをご利用いただいて いる場合であっても、再度設定が必要となりますので、必ず設定を行なってください。
    〈各種付加サービスの設定方法、操作方法はこちら〉
    「ひかり電話 「付加サービス」の操作方法について」
停電時はご利用できません
  • ○停電時は、緊急通報を含む通話ができません。ひかり電話停電対応機器などをご利用いただくことで、一定期間、通話が可能となる場合があります。
  • ○緊急通報番号(110/119/118)へダイヤルした場合、発信者番号通知の通常通知・非通知にかかわらずご契約者の住所・氏名・電話番号を接続相手先(警察/消防/海上保安)に通知します(一部の消防を除く)。なお、「184」をつけてダイヤルした場合には通知されませんが、緊急機関側が、人の生命などに差し迫った危険があると判断した場合には、同機関が発信者の住所・氏名・電話番号を取得する場合があります。
一部かけられない番号があります
  • ○114(お話し中調べ)、コレクトコール(106)など、 一部かけられない番号があります。
  • ○電気通信事業者を指定した発信(0036や0033など番号の頭に「00XY」を付加する番号)はできま せん。一部電話機・FAXなどに搭載されている「固定電話から携帯電話への通話サービスに対応 した機能(例:携帯通話設定機能(0036自動ダイヤル機能))」や、NTT製以外の一部電話機・FAX 等に搭載されている「ACR(スーパーACR等)機能」が動作中の場合、発信ができなくなる場合が あります。ひかり電話をご利用になる前に、上記機能の停止や提供会社さまへの解約手続きを行ってください。
  • ○一部の「1××」の番号への発信はできません。
  • ○0180(テレゴング)など、一部の「0××0」の番号への発信はできません。
  • ○フリーダイヤルご契約者さまがひかり電話(IP電話)を着信させない契約としている場合は、ひかり電話から当該フリーダイヤルへの接続はできません。
  • ○一部、シャープダイヤル(#+4桁の番号サービス)への発信はできません。
一部ご利用できないサービスがあります
  • ○加入電話などでご利用いただける一部サービスはご利用いただけません。TSUTAYAひかり電話でご利用いただける付加サービスはTSUTAYA光電話サービス説明ページをご覧ください。
  • ○TSUTAYAひかり電話以外の電話サービス(定額料金の発生する割引サービスなど)にご加入の場合、必要 に応じてお客さまご自身でご利用のサービス事業者さまへ利用終了の連絡を行ってください。
    利用の如何にかかわらず、料金が発生する場合がありますのでご注意ください。
  • ○「電話転送サービス」は、転送元案内機能がないなど、加入電話などのボイスワープと一部機能が異なります。
県間、国際通話について
  • ○本サービスのご利用にあたっては、県間通話に関しては株式会社エヌ・ティ・ティ エムイーまたはエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社のサービスをご利用いただく場合があります。国際通話に関してはエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社のサービスをご利用いただきます。
  • ○第三者による不正な電話利用等の被害にご注意ください。
    詳細は「第三者による不正な電話利用等の被害にご注意ください」をご参照ください。なお、国際電話を使用しない場合は弊社にお申し出いただくことで「国際電話の発信規制」をかけることも可能です。

国際通話等での発信電話番号通知は、相手国側の中継事業者網の設備状況等により通知できない場合があります。そのため、相手側端末への表示を保障するものではございませんので、ご了承ください。

一部ご利用できない電話機などがあります
  • ○火災通報装置や非常通報装置、その他高齢者向け等の緊急通報装置を接続する電話回線として、ひかり電話をご利用いただけない場合がございます。くわしくは通報装置の製造会社にお問い合わせください。
    • ※非常ボタンを押すことにより、119番や110番、その他あらかじめ登録した通報先に自動的に通報もしくは電話をかける装置のことです。ひかり電話でご利用可能な場合には、回線終端装置(ONU)、ひかり電話対応機器への停電対策として無停電電源装置(UPS)をご利用下さい。
  • ○ISDN対応電話機(i・トレンビーなど)、緊急通報機能を備えた福祉用電話機(シルバーホンあんしんシリーズ、通報用電話機SLシリーズなど)はご利用いただけません。
  • ○FAXはG3モードのみご利用いただけます。
    • ※G4モード等のディジタル通信モードではご利用いただけません。
    • ※スーパーG3モードの場合、通信環境によりご利用いただけない場合があります。
    • ※G3モードでご利用であっても、通信相手がISDN回線をご利用の場合、通信相手側のターミナルアダプタ等の設定によっては、ひかり電話からのFAX送信ができない場合があります。
  • ○モデム通信については、お客さまの宅内環境、通信機器等の影響を受けることがあります。
  • ○加入電話などでご利用のレンタル電話機の継続利用はできません。
着信課金サービスをご利用の場合

着信課金サービス提供事業者さまにおいて、ひかり電話は契約可能な回線として指定されていない場合があります。お客さまご自身で、必ずご契約の事業者さまへ、TSUTAYAひかり電話に変更する旨の連絡を行ってください(各事業者さまとの解約手続きなどが必要となる場合があります)。

ガス検針などの警報・検針サービス、セキュリティサービスをご利用の場合 ご契約の事業者さま(ガス会社、警備会社など)により、その扱いが異なります。お客さまご自身で、必ずご契約の事業者さまへ、TSUTAYAひかり電話に変更する旨の連絡を行ってください。「番号表示サービス」などをご利用いただくことで、TSUTAYAひかり電話でも同等のサービスをご利用可能な場合もございますので、ご契約の事業者さまへご相談ください。
現在お使いの電話番号を継続してご利用の場合
  • ○NTT東日本の加入電話などをご利用いただいているお客さまが、本サービスを同一設置場所でご利用いただく場合、現在ご利用中の電話番号をそのまま利用することを番号ポータビリティといいます(一部ご利用いただけない場合があります)。番号ポータビリティのご利用には、別途1番号毎に同番移行工事費2,000円(税抜)がかかります。
  • ○番号ポータビリティのご利用には加入電話などを休止または解除いただく必要があります。加入電話などの休止には、別途利用休止工事費1,000円(税抜)がかかります。工事完了後、休止番号を記載した休止票を送付します。利用休止から5年間を経過し、更にその後5年間(累計10年間)を経過してもお客さまから利用休止の継続、再利用のお申し出がない場合には解約の扱いとさせていただきます。
  • ○番号ポータビリティをご利用している場合で、設置場所を変更(引越し等)する際は、NTT東日本の加入電話などにおいて同一番号で移転可能なエリア内に限り、移転先で同じ番号をご利用いただくことが可能です。
料金のお支払いに関する注意事項
  • ○通話明細内訳について、紙または媒体による提供はありませんので、TSUTAYA DISCASのマイページ内にてご確認ください。
  • ○「00」で始まる請求番号で電話帳広告料のお支払いをご希望の際は、事前にお支払い方法の変更などの手続きが必要となります。詳しくは、エヌ・ティ・ティ番号情報株式会社(0120-506-309)へお問い合わせください。
保守について 故障修理などの対応は、午前9時~午後5時となります。
お問い合わせについては24時間365日受付いたします。(午後5時~翌日午前9時までは、録音にて受付しており、順次ご対応いたします。)
解約時における電話番号の継続利用について TSUTAYAひかり電話にて新規にご利用となる電話番号(加入電話などからの番号ポータビリティではない電話番号)は、解約時にひかり電話オフィスタイプ・ひかり電話オフィスA(エース)・ひかり電話ナンバーゲート以外の電話サービスで継続利用することはできません。
工事担当者がお伺いせずに、TSUTAYAひかり電話に関する工事を行う場合 TSUTAYAひかり電話及び付加サービス等がご利用できない状態になった場合、お客様ご自身で「TSUTAYAひかり電話ルーター」の再起動を行ってください。

■TSUTAYAデジタルTV

本サービスをご利用いただくにあたり、必要となる物品やテレビとの接続方法などについて、事前にご確認いただきたいことがございますので、必ずご一読くださいますようお願い申し上げます。

■必要な物品等

  • ※1 地上デジタル放送およびBSデジタル放送を視聴する場合に必要となります。オプションのスカパー! e2、スカパー! 光をご利用いただく場合は、CS放送に対応したテレビまたはチューナーが必要となります。
  • ※2 同軸ケーブルの先端部分がプラスチック製の物や、ケーブルの種類が3C-2V、5C-2Vのものより遮蔽性が優れる「5C-FB、S-5C-FBの同軸 ケーブル」のご使用を推奨します。
  • ※3 屋内同軸配線工事(単独配線工事・共聴設備接続工事)をご依頼される場合は、施工範囲における同軸ケーブル及び分配器のご準備は不要となります。詳しくは「工事配線パターンと工事例」をご覧ください。
  • ※4 分配器のケースがプラスチック製のものより遮蔽性が優れる「アルミダイキャスト製」で、周波数が2150MHzまで対応している分配器のご使用を推奨します。
■テレビとの接続例と必要とな物品等※5
  • ※5 必要となる物品等については、視聴されるテレビ台数分のご準備をお願いします。ただし、屋内同軸配線工事(単独配線工事・共聴設備接続工事)をご依頼される場合は、施工範囲における同軸ケーブル及び分配器のご準備は不要となります。詳しくは「工事配線パターンと工事例」をご覧ください。
  • ※6 テレビ端子での視聴は、映像用回線終端装置と共聴設備との接続工事を実施した場合に視聴可能となります。また、フレッツ・テレビに対応したテレビ端子は、BS/CS 放送を通過させる70 ~2150MHzに対応した F 型端子となります。お客さまの設備状況等によりご視聴いただけない場合があります。
  • ※7 スカパー! 光 HD 対応チューナーは、スカパー! 光カスタマーセンターよりお電話にてお申し込み内容等を確認後、発送されます。なお、スカパー! 光HD対応チューナーの接続はお客さまご自身で実施していただくか、ご希望の場合は(株)オプティキャストが有料にて実施いたします。(株)オプティキャストによるチューナーの接続をご希望の場合、スカパー! 光カスタマーセンターからのお電話を受けた際にその旨をお伝えください。
  • ※8 接続方法は一例となります。ご利用のテレビおよびデジタル対応録画機等により接続形態が異なりますので、テレビおよびデジタル対応録画機等の取り扱い説明書をご確認願います。
■工事配線パターンと工事費例

■主なオプション工事例※9
テレビ5台目以降の接続に必要となるオプション工事 ブースター設置工事
端末接続工事 テレビ端子接続工事
お部屋のテレビ端子と、地上デジタル放送・BSデジタル放送を視聴するテレビなどとの接続を行います。 お部屋のテレビ端子や同軸コネクタの取り替え、同軸コード/ケーブルの新設などを行う工事です。 お部屋のテレビ端子で正常な出力レベルを確保するためブースターを設置します。
3,300円/1台 3,500円/1箇所 12,000円/1台
  • ※9 オプション工事については、お客さまとご相談させていただいた後に実施させていただきますので、詳細は工事担当者にご相談ください。
■主なオプション工事例※9
屋内同軸配線工事(単独配線工事・共聴設備接続工事)をお申し込みのお客さまは、以下の点にご留意願います。
  • ●「TSUTAYA光」のマンションタイプ 光配線方式で「TSUTAYAデジタルTV」をご利用いただく場合、テレビ複数台を接続する工事は提供しておりません。
  • ●屋内同軸配線工事においては、テレビがある場合に接続工事を実施いたします。なお、テレビのないお部屋における分配器、同軸コードなどの部材のみの設置は行いません。
  • ●アンテナ撤去工事は行っておりません。
  • ●TSUTAYAデジタルTVご利用開始後の故障修理については有償で対応いたしますが、お客さまのテレビ共聴設備環境によっては、対応できない場合がございますので、予めご了承ください。なお、TSUTAYAデジタルTV解約後の原状復旧工事は行っておりません。
  • ●共聴設備接続工事を行う場合、映像用回線終端装置の設置工事を実施する工事担当者と、屋内同軸配線工事を実施する工事担当者が別々にお伺いいたしますのであらかじめご了承ください。

■リモートサポートサービス

お申し込み前に以下をご確認ください。

▽提供エリア

TSUTAYA光の提供エリアに準じます。

▽お客様のご利用環境(対応可能OS)

OS Microsoft Windows 10 Home
Microsoft Windows 10 Pro
Microsoft Windows 8.1
Microsoft Windows 8.1 Pro
Windows 7 Starter
Windows 7 Home Basic
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 7 Ultimate
Mac OS X10.12
Mac OS X10.11
Mac OS X10.10

▽ご利用上の注意事項

  • ・契約者からのお問い合わせに限ります。
  • ・お客さまのご利用環境によっては、本サービスを利用できない場合があります。
  • ・機器、ソフトウェア、サービスの利用方法等に関するお問い合わせの場合、正規のプロダクトID、ライセンスおよびサービス契約を保有している必要があります。
  • ・作業に必要なドライバソフトウェアまたはアプリケーションソフトウェアのソフトウェアライセンスに同意し、契約者のパソコンへのインストールを承諾していただく必要があります。

▽その他

遠隔サポート対応機種等に関する詳細事項に関しましては、
リモートサポートサービス提供条件(NTT東日本サイトへ)よりご確認ください。

▲ページの先頭へ